MENU
合宿免許を最短で!合宿免許を最短期間に激安で!と考えているなら・・・

>>全国の教習所リストから比較できるコチラから<<

合宿免許で最短で取得 【運転免許受付センター】

合宿免許で最短に、かつ、格安に免許を取得!
間もなく来る夏休みを利用して、ぜひ合宿で免許を取りませんか?
合宿免許の最大の魅力は、何と言っても免許の取得の早さ!

夏休みの間、近所の教習所に通う事も出来るけど、休み中の人で混雑して予約が取れないこともありますよね。。
結局気付いたら夏休み中に取れなかった!ってことにならいために、
最短13日間、朝から夕方までみっちり集中して講義、実技を受けてサクッと免許をゲットしちゃいましょう!

最短の卒業は

AT(オートマ)13日間!MT(マニュアル)15日間!!


免許証取得


いろんな合宿免許情報(激安・割引・場所・持ち物・宿泊施設、食事、近隣レジャー施設・観光地など)が満載です♪

ワイワイ友達同士で、女子会的なノリで、仲良くカップルで、もちろん1人でも、そんな申込みもOKで、都道府県別に合宿場所も選べるから旅行気分も味わえます!

全国の合宿教習所リストで、入校日によって激安なコースや、最短卒業できるコース、空き時間に観光地で遊べるコースなど都道府県別に比較検討が可能です。

また、教習所の紹介ページに、各教習所のオリジナル特典が用意されているので、さらに合宿免許生活が楽しくなっちゃいます♪


激安 合宿免許 更に、Webから申込みすると、今の表示価格からなんと!5,000円 OFF ♪♪

合宿免許予約


もし合宿免許について質問したいことがあれば、フリーコールでオペレーターに質問できます。
(最短で13日間ってホント? 一日の受講時間は?などなど、何でもOKですよ)

合宿免許 予約 その際に電話での申し込みも可能ですが、5,000円割引にならないので、
電話でいろいろ質問して、その後にネットでお申込みすればちゃんと割引になりますので、お忘れなく♪


運転免許証を激安で取得するなら、合宿免許がオススメです。

合宿免許は主に地方になるのですが、全国の自動車教習所が行っている短期集中型のスクールで、

 

全てコミコミで激安の20.5万円〜で追加料金は一切なし

 

その内容がすごいです!ただただ激安なだけではありません!!

【合宿免許で料金に含まれている項目】

 

  • 関東からそれぞれの教習所への往復バス代
  • 受講料
  • 宿泊料
  • 1日3食の食事代
  • 宿泊施設から教習所の往復送迎代
  • 教習所によってはマル秘プレゼントもあり

 

合宿免許で宿泊する施設や部屋も自由に選べるので、プライベートを大切にしたい人でも大丈夫。
(その場合はもちろん追加料金が必要ですが。。。)

 

合宿免許 出発

期間は、合宿免許では最短の取得で

 

オートマなら13日間

マニュアルなら15日間

 

 

 

普通に自動車教習所に通っても1ヶ月以上は掛かりますので、
合宿免許ならかなり短期間で免許取得できます。

 

合宿免許で短期間で取得すれば、
アルバイトや遊び、旅行など、自分の好きなことに時間が使えます。

 

更に、費用も普通に通うよりも激安なため、
浮いた費用で自分の好きなものを買ったり、おいしいものを食べたりして有効に活用できます。

 

自分の行ったことのない地方へ合宿免許に行けば、
空いた時間で観光ができますので、ちょっとした旅行気分にもなれます。

 

さらに、いい出会い合宿免許の出会いも期待できるかもしれませんね!

 

 

最短で、激安で合宿免許に参加できる、全国の自動車教習所リストから選べるのはこちら。
ネットで申込みすると更に5,000円 OFFになります♪♪
もちろんスマホでも申込み可能ですよ。

 

 

合宿免許予約

 

 

 

 

合宿免許を最短で取得するために事前確認が必要な項目

合宿免許だと最短でどれぐらいの期間で免許が取れる?

合宿免許はATとMTで最短日数が違います。ATの場合は14泊15日で、MTの場合は16泊17日で取得をすることが出来るでしょう。長いと感じるかもしれませんがこれはあくまで合宿だからです。普通に通っていると一か月でも早いほうです。多くの方は3か月から半年ほどかかってしまうでしょう。なぜなら運よく予約がとれなかったりスケジュールが合わなかったりするからです。合宿免許なら運転免許取得のためだけにさまざまなスケジュールをさくので、これだけ短期間で運転免許を取得することが出来ます。ちなみに、最短はあくまで最短で伸びる可能性も高いです。合宿免許の場合は予約が取れない、スケジュールが合わないということはほとんどありませんが、検定で不合格になってしまうとそのぶん伸びてしまうでしょう。検定日は毎週決まった日時で行われているので、一回検定に落ちてしまうと2,3日以上遅れることとなるので注意をしましょう。最短取得が難しいと思ってしまうかもしれませんが、短期間でいろいろなことを詰め込むので通いよりも検定合格率は高いので安心してください。

 

 

 

合宿免許で免許取得するまでのスケジュール

運転免許を取得するために合宿免許を利用する人が学生を中心に増えています。多くの合宿免許の合宿期間の目安は14日か15日程度となっています。順調に試験をクリアしていけば概ね2週間で運転免許を取得することが出来ることとなるのです。初日から7日間は学科講習と技能教習が半分半分のペースで行われます。合宿となっていますが詰め込んで教えこむというスタイルではなく時間に余裕が有るようにプログラムされていることが多いようです。8、9日目くらいに仮免許の学科試験と修了検定が行われます。その後の1周間は技能教習を中心に行われることになります。既に仮免許を持っていることになりますので学校の外に出ての教習も行われることになります。14日目もしくは15日目には卒業検定が行われます。ほとんどの場合が午前中に検定が行われて午後からは卒業式が行われることとなります。卒業式が終わるとすぐに解散帰宅となるというスケジュールです。これはあくまでも順調に検定をクリアしたということが前提となっています。検定をクリアできない場合は数日このスケジュールが伸びることもあります。

 

 

合宿免許の受講内容について

運転免許を取得するには一般的に自動車教習所に通うか自動車学校に通うことになります。自分の都合のつく時間に通うことになるので数か月は運転免許の取得にはかかると言うのが一般的です。もっと早く運転免許を取得しようと思うと合宿免許で取得すると言う方法があります。合宿免許は短期間で集中して免許を取得すると言う方法で泊まり込みで食事つきで合宿所で取ることとなります。免許取得までの期間は早ければ14日前後が一般的で費用もかなり安いのが特徴となります。合宿免許であっても自動車教習所や自動車学校であっても受講内容に変わりはありません。基本は実際の車の運転に必要な技術を学ぶ技能教習と道路や交通法、標識などを学ぶ学科教習が柱となっています。それ以外にも車の構造やトラブルの対処法などを学ぶことになります。これの講座を全て習得して合宿免許で教習所を卒業して始めて運転免許の資格試験を受けることが出来ることになります。試験に合格して始めて運転免許がもらえるのであって合宿免許を修了したからと言って運転免許がもらえるというわけではありません。

 

 

合宿免許で絶対に必要な持ち物

合宿免許は旅行や普通の合宿とは違います。あくまで運転免許を取るための合宿です。そのため、必ず持っていかなければいけないものもありますし、逆に必須ではないけれどもあったほうが絶対良いものもあります。まず、必ず持っていかなければいけないものは住民票、身分証明書、印鑑、保険証です。もし運転免許再取得の場合は免許証も必要になります。次に、これも持っておいたほうが良いものです。少し大きめのカバンと筆記用具は必須でしょう。できればA4サイズが入る大き目のカバンと、マークシート用のシャープペンなどが入った筆記用具を用意しましょう。あとは合宿において必要なものです。運転しやすい服、靴は必ず持ちましょう。眼鏡やコンタクトが必要な人は忘れないようにしてください。洗面用具、シャンプーなどの身だしなみを整えるもの、携帯の充電器も必要でしょう。あとは個人の自由ですが、2週間の合宿を乗り切るためにもハンガー、折りたたみ傘、延長ケーブル、二股コンセントもあったほうが便利です。暇をしないための本やゲーム、パソコンなどもあると便利です。

 

 

合宿免許での時間割

運転免許を取得するために合宿免許を利用するという人が増えています。短期間で通いで教習所に通うよりも安く免許を取ることができるので人気が高いのです。ただし、あくまでも合宿なので継続して長期の休みが取れる人しか通うことは出来ないこととなります。合宿免許という響きでいると朝から晩までみっちり講習などが入っているのではないかと思います。もちろん、毎日、講習があるのは間違いのないことですが、その時間割は意外と休憩時間を多くとって組んでいる場合が多いようです。もちろん、合宿免許を行っている教習所によっても違ってくることになるのですが1日の平均的な講習が学科講習が2コマ、技能講習が2コマといった感じで消化されていくようです。1コマは50分程度となっていますので比較的詰め込んでいるという感覚ではないと思っても良いのではいないかと思えます。ただし、朝ごはん昼ごはん夜ご飯の時間帯は決まっているので、それに合わせて生活をするということになります。起床時間は決まってなく講習に間に合えば良いこととなるのですが、就寝時間は決まっていることが多いようです。

 

 

 

合宿免許の支払いはローンが可能か?

 

合宿免許の支払いは銀行振り込みが主です。しかし数十万円を一括で振り込むのが難しいという人は多いでしょう。最近はローン支払いに対応している合宿免許が増えてきました。ローンの場合は3回から48回支払いが可能なので、月1万円入金すれば大丈夫なローンもあります。もちろん頭金制度もあるので多少資金はあるもののまとめて支払うのが難しいという人にはぴったりです。ちなみに、合宿免許のローンといえども審査はしっかりとあります。過去にブラックリストに入っている方はローンを組めない可能性が高いので注意をしてください。ローンを申し込みたい場合は合宿免許の申し込み書類とは別にローン用の書類を記載し郵送する必要があります。その後ローン審査に入り審査の通れば合宿免許に参加できるようになります。ちなみにローンなのでもちろん手数料はかかります。頭金を支払えばそのぶん手数料は安くなりますし、ローン回数が増えれば増えるほど手数料や支払総額も高くなるでしょう。また保証人も必要な場合も多いのできちんと保証人をお願いしてから申し込みましょう。

 

 

 

合宿免許の部屋はどんな感じ?

合宿免許というとどうしても大部屋に布団を敷いて、という印象が強いかもしれません。昔はそういう合宿免許も多かったかもしれませんが、現在はプライバシーを守り落ち着いてのんびり過ごすことが出来るシングルルームの合宿免許が増えているのです。そのため安心して参加することが出来るでしょう。もちろん部屋のタイプはいくつかあり、シングルルームは数ある選択肢の一つです。シングルルームを選ぶ場合はほかの部屋よりも1,2万円ほど料金が高くなってしまう可能性があるのでその辺も考慮しながら選びましょう。二人部屋は相部屋になるかも知れませんし、友達同士で申し込んでツインを選択することもできます。全く見知らぬ人と二人部屋よりは見知った相手のほうが気楽に過ごすことが出来ますよね。合宿免許に男女分けはないので、カップルで相部屋を選択する人もいます。合宿免許の部屋はビジネスホテルのような部屋が多いでしょう。必要最低限ではありますがきちんと生活をすることが出来るので安心してください。不安な場合は合宿免許のホームページなどを見て部屋を確認してみてください。

 

 

合宿免許は学割で更にお得

運転免許を取得する方法として人気の合宿免許は2週間程度で免許の取得が可能です。2週間と言えども社会人だと運転免許を取るのは時間的にも厳しいことが多いかと思いますが、学生ならば長い休みなどもあるので参加することも可能だと言えます。宿泊代や食事代がついて合宿をして短期間で運転免許を取ることができる合宿免許は費用面でも安く通いで街の教習所や自動車学校に通うよりもかなりお得に取得することができるのです。どこの合宿免許を行っている教習所も生徒を集めるために多くの戦略を立てています。その中の一つが学割制度だと言えます。ほとんどの場合学割の金額は5,000円程度の値引きといったことが多いようです。また、合宿免許の中では友人と参加するとさらに割引があるというところもあります。色々な面で学生にとってはメリットが大きいと思えるのが合宿免許であるということが言えるのです。学割を合宿免許で利用しようと思うのであれば申し込み時に予め申告をする必要があります。あわせて学生証の提示なども必要となりますので忘れずに準備をしておきましょう。

 

 

 

合宿免許の宿泊先でインターネットって使えるの?

 

合宿免許中は暇です。あたりまえですが一日中ずっと免許取得のための教習を受けるわけではなく適度に暇な時間があります。特に夜は20時以降特にすることはないでしょう。そのためすごく暇だと感じてしまう人も多いはずです。最近はスマートフォンでなんでもできますが、wi-fiが通っていればスマホももっと快適に楽しむことが出来ますし、パソコンがあればいくらでも暇をつぶすことが出来るでしょう。最近は、インターネットがないと生活できないという人も増えてきたおかげで、インターネットを使うことが出来る合宿免許も増えてきました。宿泊先ではLANケーブルのレンタルがあったりWi-Fiを使うことが出来る場合も多いでしょう。そのため、ポケットWi-Fiをもっていかなくてもインターネットを楽しめるところが多いはずです。もし不安な場合は事前に合宿免許に聞いてみるか、インターネット利用可能な合宿免許を事前に探してみるとよいでしょう。合宿免許もいくつか種類があるのでインターネットが使える合宿場を選んでいるところも多いはずです。

 

 

合宿免許に期待する男女の出会いについて

 

実際に、合宿免許で出会ってお付き合いを始める男女はいます。しかしこれは確実ではありません。合宿免許は合コンではないのでわざわざ人と接する機会が増えたり仲良くなるようなイベントもありません。そのため、黙っていても異性と接触することが出来て仲良くなれるというわけではないのです。その反面、同じ合宿免許に参加していると毎日のように顔を合わせるのでナンパよりもずっとハードルは低くお互いに顔を覚えやすいとも言えます。同じくらいの進行状況で免許を取得することになるので会話もしやすいですし一緒に勉強を釣ることもできるでしょう。もし異性を仲良くなりたいと思うのなら、同性の友達と参加して同じく同性の友達と参加している子を探してみてはいかがでしょうか。一対一よりも複数同士のほうが会話もしやすいです。また、合宿免許はできるだけ近場に参加することをおすすめします。せっかく仲良くなっても遠方でなかなか会えないなんてことになったら意味がないので、同じく近場から参加している人を探してみるとその後も発展しやすいのではないでしょうか。

 

最短で自動車免許取るなら合宿免許

 

最短で自動車免許取るなら合宿免許です。最短2週間程度で教習過程が終了します。AT限定なら2週間ちょっとで免許を取得できます。通学で免許を取得するとなると、学科のスケジュールや配車のスケジュールがなかなか合わないことが多く、早くても2〜3か月はかかります。合宿免許なら、学科、配車ともにスケジュールがしっかり組まれているので、無理なく免許取得に集中できます。とにかく短い期間で運転免許を最短取得したいなら、合宿免許がおすすめです。一定期間泊り込みで教習を受けることにより、短い期間で免許が取得できます。ATであれば最短で13日間、MTでも最短15日間で免許取得できます。合宿免許は、短期間で集中出来るメリットがあり、一人一人に合った効率的な教習が受けられます。卒業までしっかり面倒を見てもらえるので、途中で挫折することなく卒業まで乗り切ることができます。費用についても格安で、教習費用、交通費、宿泊費用、食費などが全て含まれていて、後で追加して支払う必要がありません。休日は近くの名所を観光したり、レジャーを楽しむこともできます。

 

合宿免許なら激安で免許取得

 

合宿免許なら激安で免許取得できるので、通学で免許を取得するより断然お得です。合宿免許は、短期集中で連日教習を受けながら最短卒業を目指すことができます。宿泊型の教習システムが合宿免許で、入校から卒業までしっかりカリキュラムが組まれているので効率よく教習を受けることができます。短期間で教習所卒業を目指すことができ、おまけに費用も格安です。最短卒業までの費用は、基本的に、教習費、宿泊費、食費、交通費がセットになっていて、低料金パックシステムになっています。合宿免許は、とにかく激安で、どこの自動車学校でも、通学よりも安い料金になっています。予定のスケジュールがうまく取得できなくて、再検定や再試験となった場合、通学の場合、追加料金がかかりますが、合宿免許なら、そうした追加料金がかかりません。合宿免許のシステムのほとんどがパック料金になっているからです。教習費と宿泊食費、交通費が全て込みの安心保証料金になっているので、最後まで安心です。合宿免許なら、運転の技術や学科の習得に自信がない人でも、合宿で毎日教習を受けることで、上達は確実に速くなります。最短で、かつ、激安で免許取得ができる合宿免許はおすすめできます。

 

最短での合宿免許の申込みは合宿免許受付センター

 

合宿免許の申込みなら、合宿免許受付センターがおすすめです。合宿免許受付センターなら、とてもカンタンに申し込みができます。無料フリーコールで電話して、申込みができるので、とてもカンタンになっています。また、わからないことや相談したいことまで、通話料無料のフリーコールでできるので、安心感があります。もちろん、携帯からでも申込みできます。とにかく、問合せ、申込みが電話1本で済みます。どんなことでも気軽に相談することができ、オペレーターが質問に丁寧に答えてくれます。合宿免許受付センターには、ネット申込もあり、24時間OKで5000円割引になります。合宿免許の申込みサイトの割引といえば、期間限定であったり、全くネット経由割引をしていなかったりすることが多いです。基本、ネット割引というのはなく、コース別の割引で、だいたいどこも値段は同じくらいです。その点。合宿免許受付センターは、基本的に、免許取得に必要な料金表示価格が安くなっていて、ネット割引もあります。同じ教習所でも予約サイトによって表示価格が違い、教習所の価格は、合宿免許受付センターが1番安いです。特にネット割引を重視するのなら、ここしかないでしょう。

 

合宿免許受付センターの特徴

 

合宿免許受付センターの特徴は、お得な最短での合宿コースがたくさんあるところです。東日本、西日本ともにお得なコースを満載していて、中には、先着100名様限定のマル得コースがあります。このコースは人気で、教習費用、宿泊費用、往復交通費、食費込みで、なんと27万円です。リーズナブルプランを提供しているのが、合宿免許受付センターの特徴なのです。宿泊プランをホテルやマンションにグレードアップできるプランもあり、女性からも好評です。ホテル、マンション、シティホテル、リゾートマンション、ペンションに宿泊できる豪華プランは、セキュリティがしっかりしているので、女性でも安心して宿泊できます。豪華なシティホテルやリゾートマンションで過ごせるブランもあるので、バカンス気分を味わいながら免許が取れます。宿泊する部屋を多彩なプランから自由に選べるのも特徴で、同じ仲間同士で過ごせるレギュラープランや、友達と2人だけで宿泊できるツインプランなどを用意しています。また、プライベートな時間を1人で過ごすシングルプランや、3人部屋でわいわい楽しめるリプルプランなどもあります。

 

最短で免許取得への道!合宿免許

合宿免許受付センターは、最短でAT車で13日間、MT車で最短15日間で卒業が可能な合宿免許を紹介するサイトです。

 

ひとりひとりに合わせた教習指導と効率的な教習スケジュールが設定されいる事から、短期間で最短卒業する事が出来る為、免許取得までがスムーズになります。
日本全国から申し込みが可能で、宿泊する部屋や様々なプランが用意されており、友人等と一緒に旅行気分を味わいながら合宿生活を楽しめる教習所も選べます。
一方、充実したプライベートタイムを大切にしたい人は、プライベートプランも用意されており、じっくり教習を受ける事が可能です。
料金はどのプランも追加料金一切なしの完全保証で、安心して申し込む事が出来るだけでなく、料金には全教習費用(検定料も含む)、往復交通費(指定区間のみ)、宿泊費用、入校日の夕食から卒業日の昼食まで、すべての食事(1日3食)が付いています。
合宿免許受付センターは、様々な合宿プランを提供しているだけでなく、全国の合宿免許に対応する教習所の情報も網羅している為、自分に合った教習所を探す事も可能で便利です。
インターネット申し込みで5000円の割引もあり、快適な時間を過ごしながら、授業にも集中出来、短期間で最短卒業出来る様々なプランを提供しているのが特徴です。

 

合宿免許の最短取得の現実

短い期間で最短に運転免許を取得する方法として合宿免許があります。
一定期間泊り込みで教習を受ける事ができるので、短い期間で最短に済ませる事が出来ます。
現状はATであれば最短で13日間、MTでも最短で15日間で免許取得が可能です。
合宿で行うメリットとしては、短期間で集中出来るという点の他に、一人一人に合った効率的な教習が受けられる点にあります。
卒業までしっかりと面倒を見てもらえるので、途中で挫折する事無く卒業まで行けるので安心です。
費用に関しては全教習費用や往復の交通費、宿泊費用や食費など、全て一括で支払うので、後で追加して支払う必要がありません。
教習所に通うやり方であれば、検定料をその都度支払う事もありますが、それらも必要ありません。
宿泊する部屋はシングルはもちろん、友達と二人で来た人にはツイン、大部屋で色々な人と楽しみながらなど様々な形態が選べます。
食事は3食ついており、休日は近くの名所を観光したり、レジャーを楽しんだり出来るのも合宿免許ならではと言えます。

 

合宿免許のメリット・デメリット

自動車の免許というのは、一昔前に比べ非常に取りやすくなっています。AT限定免許でも受け入れられる風潮と、免許を取りたい人を生徒として扱うだけでなく、お客様として扱う場所が増えたからです。さて、免許を取りたい人が利用するサービスに、毎週好きな時間に授業のコマをとり、その授業を受けて確実に最短で免許合格の道を目指すもの。または、合宿免許に参加して最短で一気に免許を取得するというやり方です。この方法には、期間が短くなる分メリットとデメリットの差が出やすくなります。
メリットの面でいえばやはり時間の短さという点でしょうか。限られた日数で一気に免許が最短取得できる合宿免許は、いざとなればいくらでもサボれる、授業のコマを取るやり方に比べ、優れていると言えるでしょう。
デメリットの面でいえば、身についた物がすぐに手放されてしまうことです。記憶というのは短期間で覚えたものであればあるはほど、すぐに忘れてしまいます。合宿免許で覚えた技術は、忘れることがないように、免許を取った後でも、すぐに反復しなければなりません。

 

最短で合宿免許をとるには

合宿免許の持ち物を教えてください。

 

参加者の多くが初参加の合宿免許において、何を持っていけば良いのか分からないというケースをよく耳にします。確かに何度も参加している人はほとんどいませんので、口コミによる情報量が少ないことも起因しているのかもしれません。

 

最短取得は2週間ほどの合宿免許ですが、修学旅行や部活の合宿のように多くの持ち物を持っていく必要はありません。あくまでも目的は自動車免許の取得ですので、運転に適した服装さえ心がければその他は不要となります。長期間滞在ということで、着替えを何枚も持参される方もいるようですが、大抵は洗濯設備が併設されているので、最低限の衣類で十分でしょう。

 

注意すべき点は季節に合わせた服装を用意することです。教習時には想像以上に外を歩く機会が多くあります。当然、夏は暑く冬は寒いです。エアコンがついているとはいえ、車内も決して快適な環境ではありませんので、一枚脱ぐ、もしくは厚着ができる準備は欠かせないでしょう。

 

最短での免許取得まではカリキュラムが詰め込まれていますが、案外自由時間も多いものです。全国各地から色々な人が合宿免許に参加していますので、ともに過ごす時間も自然と生まれます。最低限度のお洒落の準備もしておけば万全です。

 

 

合宿免許での時間割

最短で運転免許を取ることが出来るのが合宿免許の利点です。
教習所に定期的に通う時間が取れないという方やすぐに運転免許を取得したいという方に最適な方法ですが、そのために一日中、学科や技能教習に追われてきついというイメージを持つ方も少なくはないでしょう。
確かに合宿免許は最短で運転免許を取るための時間割が組まれています。しかし、丸一日なにかをしていることは少なく、意外と息抜きが出来る空き時間も用意されているのです。
そんな合宿免許の時間割ですが、基本的には学科と技能教習から構成されており、MT車かAT車によって必要な時間数が変わってきます。
入校は午後からはじまることが多く、初日は入校手続きや合宿生活の説明などのあと、適性検査や一回目の学科、技能教習が行われていきます。
翌日からは学科と技能教習を織り交ぜながら教習が進んでいきます。
多くの場合、一日に3〜5時間程度が教習時間にあてられ、それ以外の時間は自由時間となります。